外資系企業に転職を考えている方へ|転職方法とちょっと気になる外資の常識!

外資系企業へ転職を考えている方は外資系企業は厳しいのか、給料はどうなのか、面接はどんな感じなのなどいろいろ悩むところがあると思います。
外資系企業でも企業によって風土も違ったりしますからわからないことも多いと思います。
さらにキャリアアップしたい、ハイキャリアの方で転職を考えているけど人脈などがないという方は求人探しや選びなど慎重になると思いますし、どうしようか悩んでいる方も多いと思います。
そこで外資系企業についていろいろ紹介していますので参考になれば幸いです。
また、外資系向けの転職支援サービスも紹介しているのでよろしければ見ていただければと思います。

目次

転職エージェントがおすすめ
転職エージェントを利用するメリット
外資系に強い転職エージェントランキング
リクルートエージェント
JAC Recruitment
BIZREACH

転職エージェントがおすすめ


転職エージェントを利用することでライバルに差をつける!

 

当サイトでもいろいろ書いていますが、やはり最終的には自分で決めないといけませんからね。
悩んでいるという方はやはり転職支援サービスが便利かなと思います。
実際利用されたことがある方もいるとは思いますが私も利用したことがあり良いと思います。

転職エージェントを利用するメリット

利用されたことがある方はわかると思いますが、自分で探すのと転職エージェントを利用して転職するのとでは様々な差が出てくると思います。

非公開求人

転職エージェントには非公開求人が多く一般には出てこない優良の求人が見つかる可能性があります。
これは自分で探していても見つかりません。転職エージェントを利用することで紹介される求人です。
こういった求人は給料などの待遇面でも良いものが多いです。

履歴書や面接対策で差が出る

知識、経験をもったコンサルタントが書類の書き方や面接対策をサポートしてくれます。
初めての転職、初めての外資系、英文レジュメ、英語面接などわからないことが多いと思いますがそういったサポートをしてくれるところもありますので転職活動もスムーズに進みやすいでしょうし、自分で考えてやっている方よりも有利になる可能性も高いのではないでしょうか。

条件交渉

あなたに代わって給料などの待遇の交渉を行ってくれるところもあります。
給料など自分ではなかなか交渉できないと思いますのでそういった交渉を代わりに行ってくれるのはメリットですね。

外資系に強い転職エージェントを利用する!

転職支援サービスでも外資系向けの転職支援サービスを利用するのがよいのではないでしょうか。
外資系向けのコンサルタントが対応してくれるところなどもあります。

外資系に強い転職エージェントランキング


外資系企業に転職したいと考えている方向けの転職エージェントを紹介したいと思います
リクルートエージェント

 

やはり一番に紹介するのであればリクルートエージェントでしょうか。
日本では大手でご存知の方、利用したことがある方も多いのではないでしょうか。
大手のリクルートエージェントなら情報量や求人数も多く、情報をもったキャリアアドバイザーが対応してくれるのでよいと思います。
約90%が非公開求人で約50名以上のグローバル専門のコンサルタントがいるのでメリットは多いです。

 

公式サイトで確認⇒リクルートエージェント転職支援サービスを見てみてはどうでしょうか。

JAC Recruitment

 

外資系や海外転職向けの転職支援サービスでグローバル転職のサポートに強いというのがあります。
最近東証1部になりましたね。
業界・職種に精通した転職のプロフェッショナルのコンサルタントが総勢約500名いるということで良いサポートが受けられるのではないでしょうか。

 

公式サイトで確認⇒JAC Recruitment

BIZREACH(ビズリーチ)

 

BIZREACHはハイクラス、管理職の方向けの会員制転職転職サイトです。
転職エージェントではないですが、ここで紹介させていただきたいと思います。
キャリアアップなどを考えている方は利用してみると良いと思います。
登録ヘッドハンター数1400人以上ということでスカウトを待ってみるのも良いのではないでしょうか。

 

公式サイトで確認⇒会員制求人サイト『BIZREACH(ビズリーチ)』

転職エージェントの選び方

転職エージェントは数多くありますがどこでも良いというわけではありません。
転職エージェントでもそれぞれ特徴があります。
IT系が強いとか外資系企業に強いとか様々です。
ですから外資系企業に強い、将来海外で働きたいという方は海外転職に強い転職エージェントを利用するのも一つです。

 

そして、転職エージェントとといえばキャリアコンサルタントに相談したりサポートしてもらうわけですからそのキャリアコンサルタントとの相性というのも関係してくると思います。
単純に給料が良いところや自分の力を活かせるところを探している方やただ非公開求人を紹介して欲しいなどある程度決まっていて建設的に進めていきたいという方なら大手が良いと思います。
逆に外資系企業は未経験、転職に悩みや不安があり、いろいろ相談しながら進めていきたいという方は特にコンサルタントとの相性が大事ではないでしょうか。
これは誰になるのかでも変わってくるのでいくつかの転職エージェントを利用してみて考えるのも一つではないでしょうか。

2016/01/30 18:23:30 |
ハードルが高い外資系企業への転職では、転職成功率アップのためにやるべき事も多くあるのですが、英文履歴書を送付する際に添付するカバーレターもまた重要な意味合いがあります。カバーレターとはカバーレターとはあまり聞き慣れない物ですが、これは転職を希望している外資企業に自身の英文履歴書を送付する際に、履歴書には書ききれないアピールポイントなどについてを書くための書類を指しています。こうした書類は英文履歴書を提出する際に必ず作成して添付します。書類には履歴書だけでは分かりにくい熱意や自己PRをしっかり伝える事ができますので、転職成功率アップにも大きく貢献するのです。内容構成についてまずカバーレターの概要...
2016/01/28 17:37:28 |
外資系企業に転職する際には英語面接を受けることが必須になるのですが、そうした場面において臆する事なく王道パターンをしっかり押えておく事で上手く立ち回ることができます。英語面接の王道パターンとはまず外資系企業に転職する際の流れについてですが、書類選考の後に面接を受けることになり、電話もしくは対面で面接を受けることがあります。こうした面接では英語でのやりとりが必須になるのですが、そこでは王道パターンとも呼べる定番のやり取りがあります。手始めにインタビューアーから来る質問は共通しており、会社に来るまで迷わなかったか?自己紹介をして下さい!転職理由は?我社について何を知っている?志望動機は?将来どうし...
2016/01/27 18:22:27 |
外資系企業への転職ではまず書類審査から行われる事になり、英文履歴書の提出が欠かせないのですが、書類を作成する際にどのような点に注意をした書き方をすれば良いのでしょうか。3種類のフォーマットから選ぶまず外資系企業に提出する英文履歴書の書き方としてポイントになるのは、3種類あるフォーマットから自分に適した物を選ぶ点です。Chronological Resume(クロノロジカル・レジメ)とは、時系列に従い新しい順で職歴を記載するもので、これまでの職歴についてどのような変遷があったかが分かりやすい表示です。続いてFunctional Resume(ファンクショナル・レジメ)は、転職回数が多い場合や職歴...
2016/01/25 18:22:25 |
転職については多くの人が当たり前のように行うものですが、幾度となく繰り返すと回数次第ではマイナスに取られかねず注意が必要なのですが、外資系企業への転職は何回までが許される範囲になるのでしょうか。何回まで許されるかは状況次第まず外国企業の特徴として自身のキャリアを高めるために職を変える事は当たり前のように行うもので、特にアメリカでは一つの会社あたり平均で4〜5年程度勤めて職を変えるとされています。およそ40年間働くと考えれば単純計算で8回ほどになり、アメリカでは回数が多くても許容されている事がよく分かります。ただ同じ外国企業でも日本国内に支社を置く外資系企業への転職の場合は事情がやや異なります。...
2016/01/20 13:42:20 |
日本企業には特有の悪しき文化が様々あるもので、その中でもお酒の付き合いについては円滑なコミュニケーションを図る為にも必要とされます。しかしアルコールがダメな方も多い上に、付き合いそのものが嫌になる事もあるのですが、そうした時におすすめになるのは外資系企業への転職です。お酒と仕事の関係についてまずお酒と仕事の関係について考えた時、日本企業特有のお酒の付き合いでは社内で上司や同僚と飲むケースと、接待のため他社の方と飲むケースの二通りがあります。まず前者の社内でのお酒の付き合いに関しては、外国人の上司や同僚などと仕事の後に飲みにいく事は基本的にはありません。外国人はフレンドリーな一方でプライベートに...
2016/01/19 18:20:19 |
外国企業の中には1ヶ月ほどの休暇を取りバカンスに出かけるなどうらやましい話が聞かれますが、同じ外国企業でも国内に支社を構える外資系企業に勤めた場合に長期休暇を取れる事はあるのでしょうか。長期休暇は難しいものの中期は可能外資系企業では国内企業とは大きく異なり、労働者と雇用者の間には対等な関係性があります。そのため働者の権利を尊重している風土がありますので、休暇についてもしっかりと取ることができます。ただ外国企業のように1か月ほどの長期休暇を取れる訳ではなく、一般的にはおよそ1〜2週間ほどのやや短めの休暇を取る事が多くあります。続いて有給休暇についても周りの目を気にして取りにくいことも無く、あらか...
2016/01/18 12:38:18 |
転職を考えた時に、これまで経験が無い職種や分野の企業を目指す事もあるのですが、外資系企業の場合は未経験者の方は目指す上でハードルが高いように思われることがあります。仕事に関わる知識が不足している点もさることながら、特に語学力の面で不足を感じる事もあるのですが、未経験者の方でも外資系企業に入れる可能性はあるのでしょうか。必ずとも必要としない経験や知識転職に際してこれ培ってきた経験や知識は大きな武器になるもので、これは国内企業を目指す場合にも同様のことがあります。一方で外資系企業の場合はもとよりハードルが高いこともありますので、こうした武器になる要素が少ない場合は不利になるのかと思いきや、実際には...
2016/01/16 18:32:16 |
外資系企業への転職を考えた時に、事前に企業について様々調べて備えることが重要になるのですが、外資企業の場合に必要とされてる人材についてはどのような傾向があるのでしょうか。必要とされる人材の傾向とはまず外資系企業には様々な業種があり、またその時々で求めている人材には細かな違いがありますので一概には言えない部分があるのですが、一般的な所では専門的な知識や技術力を持つ方を求めています。この点については国内企業でも同様の事があるのですが、技術系の職種の場合には特に高いスキルが求められる事になりますので、現在の勤め先で将来的な転職に向けての準備としてスキルアップを図ることも大切です。具体的にどのようなス...
2016/01/16 15:10:16 |
外資系企業はその職場環境についてなかなか目にすることが無く、海外の映画やドラマで見られる綺麗な高層ビルに中に個室オフィスが当たり前にあると考えている方も多くおります。外資系企業の職場環境個室オフィスは国内の企業では見られる物ではなく、あってもパーテーションで区切られている程度になり、役職者でもなければ個室を設けることはありません。一方で外資系企業の場合は海外の本社などでは個室が当たり前のようにありますのでまさにイメージ通りとなるのですが、その一方で日本国内にある支社ではスペースの問題で必ずしも個室になる訳ではありません。一般社員の場合はやはりパーテーションで区切られている程度になりますので、風...
2016/01/14 14:11:14 |
外資系企業への転職では、海外勤務の可能性を考えてあえて外資企業を狙う事もあるのですが、海外で働くためにはどのような企業の選び方をすれば良いのでしょうか。海外勤務を狙うための企業の選び方まず海外で働くことを考えていた場合にもっとも重要になるのは、社内公募制度を備えているなど海外で働く制度が整えられている企業を選ぶ事が非常に重要です。外資企業は日本国内で現地採用された場合に他の国に転勤するケースは非常に少なく、そもそもチャンスとしては非常に少ない事が現実としてあります。そのためまずは海外に赴任する制度を備えているかが非常に重要になり、この点について確認しておく事が企業の選び方としてもっとも重要です...

ショッピングカート 相互リンク募集